いま、ふたたび維新に挑む

2017/06/20

『いま、ふたたび維新に挑む』 前書きと目次

Ishinweb


いま、ふたたび維新に挑む
 ~日本の心と文化を世界へ~


-----
著者:鶴蒔靖夫
定価:本体1800円+税
ISBN978-4-87218-423-5
初版発行:2016年8月31日
-----


 はじめに

日本全国、観光名所に限らず、街中どこでも外国人の姿を数多く目にするようになった。それもそのはず、日本を訪れる外国人観光客の数は年々増加し、2010年には約861万人だったのが、2015年には約1974万人と、わずか5年で2倍以上にふくれあがっているのだ。

政府は、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年までに訪日外国人観光客数を年間2000万人にすることを目標としていたが、前倒しでの目標達成が確実な情勢となったことで、2020年の目標値を4000万人にまで引き上げ、さらに2030年には6000万人を目標にして、観光立国をめざそうとしている。

テレビでも、外国人が「日本大好き」「日本はすばらしい」などと日本を絶賛する類の番組が頻繁に放映されているが、外国人が日本に関心を寄せる背景には、若者に人気のアニメやゲーム、音楽などのポップカルチャーだけでなく、長い歴史のなかで育まれてきた日本の伝統文化に対する憧れもあるようだ。神社仏閣などの建造物、日本画や浮世絵、仏教彫刻などの美術品、熟練の職人技が光る伝統工芸品、歌舞伎や能、狂言などの伝統芸能、和食や和服(着物)など日本古来の生活文化、さらには桜や紅葉をはじめとする四季折々の自然を愛でる精神風土などが、彼らを魅了している。

インターネットの普及により、いまでは日本人より日本文化に詳しい外国人も珍しくない。むしろ日本人のほうが、自国の伝統文化に無関心な人が多いようにも見受けられる。

日本文化の象徴的な存在とも言える「着物」についても例外ではない。ライフスタイルの変化などにより、日本人のあいだで着物離れが叫ばれるようになってひさしいが、そうしたなかでいつのまにか、着物は成人式や卒業式、結婚式といった「ハレの日」の特別な装いとして位置づけられるようになってしまった。

2000年代以降、若い女性を中心に浴衣ブームが起こり、花火大会や夏祭りでの浴衣姿は、すっかり定着した感がある。しかし、日常生活で着物を着る人は、ひとむかし前に比べて少なくなっている。着物の小売市場は、1980年代初頭のピーク時には1兆8000億円に達していたのが、いまでは6分の1にまで規模が縮小し、近年は2900億円前後で推移している。

その着物が、近年、日本文化への関心の高まりとともに、「KIMONO」として、海外で注目を浴びているという。

もっとも、着物の美しさが世界の人々を魅了するのは、いまに始まったことではない。これまでも「女性のエレガントな装い」として、多くの外国人の関心をひきつけてきた。オランダの19世紀後期印象派の画家・ゴッホは、浮世絵の影響を受けて着物姿の花魁を描いているし、19世紀から20世紀にかけて活躍したフランス印象派の画家・モネも、着物をまとって踊る金髪女性の姿を描いている。

外国人にとって「KIMONO」は、むかしもいまも非常にエキゾチックで魅力的に映るらしく、京都や金沢などでは、古都の風情漂う街並みを着物姿で散策したりするための旅行者向けのレンタル着物が、外国人観光客にも大人気のようだ。真に美しいものは時代や地域を超えて多くの人に支持される、ということではないだろうか。

日本に向けられる、世界からのそうした憧憬の眼差しを、経済、とりわけ内需拡大へつなげようという動きが活発になっている。その代表が、経済産業省が推進する「クールジャパン政策」である。

日本の魅力を付加価値に変えようという、さまざまな取り組みのなかで注目されるのが、「きもので日本の魅力を向上する」をテーマに経済産業省繊維課が設置した「和装振興研究会」の活動だ。有識者、若手経営者、ユーザーから構成されるこの研究会には、芥川賞作家でお笑いタレント、そして着物好きでも知られる又吉直樹氏なども委員に名を連ねていた。

和装振興研究会では、着物市場が衰退するなか、着物産業のビジネスのあり方や、着物を有効に活用して日本や地域の魅力向上につなげていくための方策について、2015年1月より5回にわたって議論・検討を重ね、同年6月にその報告書を発表している。詳しくは本編でふれるが、同報告書では近年、国内において「和モノ」に興味を持つ「和女子」と呼ばれる若い女性が増えつつあリ、着物は日本や地域の魅力を最大限に向上させる可能性を秘めているのではないかと指摘している。そうであれば、着物市場は今後、ふたたび勢いを取り戻し、拡大していくことも期待される。

このように国内外で着物への注目度が高まるなかで、着物の流通改革を旗印に市場の拡大に尽力し、着物の小売市場が衰退するなかで右肩上がりに業績を伸ばしているのが、本書で紹介する株式会社一蔵(埼玉本社:埼玉県さいたま市、東京本社:東京都千代田区、代表取締役社長:河端義彦氏)である。

一蔵の創業は、1991年にさかのぼる。当時の着物業界では「委託取引」が一般的で、小売店は、製造元から複数の問屋を介して商品を仕入れ、売れ残った商品は製造元に返す、という流通のしくみが常識としてまかり通っていた。つまり、在庫リスクと資金負担を製造元だけが負うしくみだ。

「これでは製造元を弱体化させ、商品の価格を不当に高騰させるだけではないだろうか」と危惧する河端氏を突き動かしたのは、「このままでは業界がだめになる、ひいては和文化が廃れてしまう。なんとかしなければ……」という熱い想いだった。そこで、当時、取締役を務めていた着物の大手製造・販売会社を辞め、4人の仲間と新会社を立ち上げたのである。

一蔵という社名は、明治維新の立役者、大久保利通公の青年時代の名前「大久保一蔵」にちなんで名づけられた。

「清廉潔白、私欲はなく、熱き志と類まれなる知性によって近代日本の礎となる改革を次々と行った大久保一蔵のような、『維新の人』であり続けたい。社名には、そんな想いが込められているのです」

と、河端氏は語る。

一蔵を設立した河端氏が真っ先に取り組んだのは、商品仕入れの方法を改革することだった。問屋から「委託」で仕入れるという業界の慣習を打ち破り、自らリスクを負って製造元から商品を「買う」という方法を導入したのだ。製造元との「直接取引」「現金買取・返品なし」という画期的なビジネスモデルを確立させることで、多くの製造元と信頼関係を構築し、リーズナブルな価格での仕入れと販売を実現して、顧客、製造元、一蔵の三者に利益をもたらす「三方よし」のしくみをつくりあげたのである。

現在、一蔵は全国のオフィスビルやショッピングセンターに計64店舗(2016年6月末現在)を展開し、着物の販売・レンタルや、着方教室などの開催をするほか、着物を着て楽しめる多彩なイベントの企画などを行っている。また、成人式用の振袖を購入した顧客には、利便性を追求して、成人式の前撮り写真撮影や、成人式当日の着付け・メイクなどを一括して行う、ワンストップサービスも提供している。

「日本文化をもっと身近にする」「私たちのおもてなしを世界に広げる」「世の中を楽しく変えていく」を企業理念に掲げ、「感動創造企業」を標榜する一蔵では、核となる和装事業に加え、2000年には人生の「ハレの日」を彩るウェディング事業を新たにスタートさせ、もうひとつの事業の柱に据えている。

ウェディング事業では、さいたま市と名古屋市で、ゲストハウスウェディングスタイルの3つの結婚式場を運営。「本物志向の施設(ハードウェア)」「専門的なサービス(ソフトウェア)の内製化」「徹底したおもてなしサービス」により、多様化する顧客のこだわりに応えることで高い評価を得ている。

創業から25年。こうした施策と全社一丸となっての経営が奏功して、事業は順調に拡大。2016年3月期の売上高は140億円、従業員1350名(契約社員等を含む)を擁する企業に成長した。とりわけ売上の約65%を占める和装事業においては、同社が誇る商品力・販売力・企画力を武器に、少子化により成人数が過去25年間で約4割も減少するなか、振袖を中心に売上高は約8倍に拡大し、快進撃を続けている。

2015年12月には念願だった東証2部への上場も果たし、低迷する着物業界にあって、その成長ぶりが際立つ。しかし、河端氏としては、今回の上場は通過点にすぎず、将来的には1部上場を視野に入れているという。そのためには、今後も新規出店、SPA化、ファッションレンタル事業の立ち上げ・強化を推し進めるなどして、振袖市場におけるシェア30%の獲得をめざしたいとしている。

2016年5月には、次なる維新に向けて、本社管理部門および事業本部管理部門の機能の一部を東京・丸の内に移転。2018年には沖縄県名護市に滞在型リゾートウェディング施設を開業し、ホテル事業にも参入する計画で、インバウンド需要の取りこみにもいっそう注力していく考えだ。そして、「和の文化」「和の心」を未来にしっかりとつなげるだけでなく、広く海外にも普及させていきたいとしている。

本書は、経済産業省が推進する「和装振興」の動きを先取りするかのように、和服の流通改革をはじめとする革新的な取り組みで着物業界に新風を巻き起こし、さらには本格的ゲストハウスウェディングのパイオニアとして新たなウェディングスタイルを追求する一蔵の事業活動を紹介するとともに、その企業理念、経営哲学に迫るものである。

本書が、着物業界やウェディング業界関係者、ならびに、新たにこれらの業界をめざそうとする方のみならず、ひとりでも多くの方にとって、日本ならではの文化の魅力にあらためて関心を寄せる一助となれば、これに勝る喜びはない。

なお、本文中の敬称は略させていただいたことを、あらかじめお断りしておく。

  2016年7月  鶴蒔靖夫


-----

はじめに


第1章 海外からも注目される日本文化と着物市場の現状

日本文化の象徴「KIMONO」に海外から熱い視線
一幅の絵のような着物に日本人の美意識が凝縮
日本人の知恵が詰まった究極の衣装
美への飽くなき欲求が着物を進化させた
生活様式の欧米化で日常着としての着物需要が減少
1・8兆円をピークに減少に転じた着物市場
若い女性を中心に高まる着物への潜在需要
潜在市場を成長させる鍵はリーズナブルな価格にある
着物も「所有」から「使用」の時代へ
着物を楽しみたい層へのアプローチ
経済産業省が「きものの日」の導入を検討


第2章 日本文化を未来へつなぐ、感動創造企業「一蔵」

念願の東証2部への上場を果たす
着物業界の「維新」をめざして
「三方よし」の流通改革
創業時から育てた事業が「和装事業」に発展
「商品力」「販売力」「企画力」を武器に業績を伸ばす
本物志向にこだわるウェディング事業
ウェディング事業における専門的サービスの内製化
和装事業とウェディング事業のシナジーも
日本文化を、そして一蔵のおもてなしを未来へ


第3章 進化し続ける一蔵の和装事業

JTSとオンディーヌの2事業本部体制
「物売りではなく、よきアドバイザーたれ」
楽しいから続けられる着方教室
産直着物をリーズナブルな価格で提供する「銀座いち利」
O2O導入の通販サイト「いち利モール」
3つのブランドで展開する成人式用振袖
若年層向けサイト運営により認知度アップをはかる
オンディーヌの参加型商品開発プロジェクト


第4章 最高のおもてなしを追求するウェディング事業

本格的ゲストハウスウェディングの先駆け
18世紀イギリス・ウェールズの「マナーハウス」を再現
社員も惚れこむ本物感のあるハードウェア
名古屋に誕生した19世紀イギリススタイルの「グラストニア」
和魂洋才を極めた白壁の邸宅「百花籠」
ソフトの内製化により顧客のこだわりに迅速に対応
顧客の要望に「NO」と言うなかれ
顧客の感動、満足感が未来の顧客獲得につながる
平日と閑散月の稼働率を上げることが課題
女性が8割を占め、積極的に提案できる環境


第5章 創業社長・河端義彦の経営理念とビジネス哲学

着物の訪問販売で頭角を現す
仕事を通じて実感した着物流通の不合理
わずか4名の仲間で会社をスタート
熱意が通じて製造元との直接取引が実現
初年度に10億円を売り上げる
教育こそが不良在庫を出さない最良の方法
リピーターを増やすことに重点をおく
ヴァリューチェーンの構築で業績を伸ばす
業界の慣習に抗い、社員に課した厳しい掟
成人式用振袖のレンタル事業に進出
写真撮影やヘアメイクのワンストップサービスも
好調な写真撮影をきっかけにウェディング事業に参入
和装事業の店舗展開により女性の力を積極的に活用
望むのは、新しいものへの好奇心旺盛な人


第6章 次なる「維新」でさらなる高みをめざす

顧客ニーズをダイレクトに反映できるSPAモデルを強化
振袖の自社ブランド開発で差別化をはかる
ブランドイメージ構築に向けファッションレンタル事業開始
市場シェア拡大をめざし「京都きもの学院」をM&A
沖縄に滞在型リゾートウェディング施設を計画
日本のおもてなし文化を世界へ
本社機能の一部を東京・丸の内に移し、新たな幕開け


IN通信社の本 セミオフィシャルサイトへ行く
-----


その他のカテゴリー

カテゴリー

無料ブログはココログ