情報活用で未来を切り開く

2017/12/11

『情報活用で未来を切り開く』 前書きと目次

Jouhoukatsuyouweb


情報活用で未来を切り開く
~中小企業は、情報化で無限大に強くなる
 その秘密は、協立情報通信にあり~


著者:鶴蒔靖夫
定価:本体1800円+税
ISBN978-4-87218-405-1
初版発行:2014年3月13日




 はじめに


日本のICT(Information and Communication Technology=情報通信技術)インフラは、いまや世界トップクラスの水準にある。政府もICT化・情報化を国の成長戦略の一つと位置づけ、ICTを日本経済の成長の切り札として活用するとともに、ICTの国際競争力強化の戦略を打ち出している。ただ、日本の企業のICT投資はアメリカをはじめとするほかの先進国に比べて低水準にとどまり、ICT分野における国際競争力という点では、大きく後おくれを取っているのが現状だ。

その理由の一つとして、中小企業におけるICT利活用の遅れが指摘されている。実際、数で見れば日本の企業の九九%以上が中小企業で占められている。すなわち、日本の経済は、こうした圧倒的大多数の中小企業によって支えられており、中小企業の活性化こそが、日本の経済成長のカギを握っているといっても過言ではない。また、現在の企業活動において、ICTおよび情報が不可欠なものであることは言を俟またない。

だからこそ、重要になってくるのはICTおよび情報を利活用する能力である。「企業の経営革新は情報化から」との持論を展開し、その実現は「人的要素に負うところが大きい」と語るのが、本書で紹介する協立情報通信株式会社(本社:東京都港区)の創業社長・佐々木茂則氏である。

平成二十六(二〇一四)年、創業五十周年を迎え、まだ「パソコン」という言葉すら誕生していない時代から今日まで、「情報のために通信がある」「社会と企業における情報と通信の無限性」を信念に、情報通信の未来を見つめて、中堅・中小企業のICT利活用に向け独自の取り組みを進めてきた同社は、平成二十五年二月にはJASDAQ市場への株式上場を果たしている。

日本の情報通信の発展と歩調を合わせるかのように、事業領域を進化・拡大させ、現在は情報活用能力が企業経営を左右するとの考えから、中堅・中小企業のICT化・情報化を全面的にバックアップする、ソリューションサービスを事業の柱としている。

経営理念に「知と情報の新結合」を掲げ、社是にも「知」を盛り込む佐々木氏は、アメリカの統計学者・デミングが提唱したマネジメント手法である「PDCAサイクル」(計画→実行→評価→改善)の前に、「Study(新しい学び)」と「Knowledge(新しい知識)」を加えた独自の「SKPDCA論」を考案。その考え方は、社内外かかわらず、人材とその育成に重きを置く同社の事業活動のバックボーンとなっている。佐々木氏自身も七十歳を過ぎてから、自ら編み出した理論の科学的裏づけなどのため多摩大学大学院で学び、経営情報学修士号(MBA)を取得するなど、学びへの意欲はいささかも衰えない。同社では今後も、独自の理論や思想にもとづき、ICT化・情報化を促進し、中小企業の無限大の未来を切り開くための情報利活用を全力でサポートしていくことで、日本経済の活性化をめざしたいとしている。

本書は、創業五十周年を迎えた協立情報通信の今日までの歩みを振り返りつつ、長年にわたって同社が築き上げてきた経営情報ソリューションや、中小企業の情報利活用を活性化させる事業活動、独創的なビジネスモデルを紹介していく。また、その強さの源泉に迫ることで、中小企業に対する協立情報通信の並々ならぬ思いを感じ取っていただけるだろう。

本書をご一読いただき、中小企業経営者の方々が高度情報社会において価値ある情報の利活用を考えるうえでの一助となれば、これに勝る喜びはない。

なお、本書の執筆にあたり、協立情報通信社長・佐々木茂則氏および秘書の鈴木潤子氏には多大なご協力をいただいた。この場を借りて感謝の意を申し上げたい。

また、本文中の敬称や各パートナー企業の社名表記は略させていただいたことを、あらかじめお断りしておく。

平成二十七年一月   鶴蒔靖夫




はじめに


第1章 日本の中小企業におけるICT利活用の現状

世界中に広がるICT化のうねり
企業の経営革新は情報化から
中小企業のICT化を阻む要因
ICTスキルの格差は情報格差に直結する
中小企業におけるICT経営とは?
経済産業省による「中小企業IT経営力大賞」
重視される経営課題とICTの活用
クラウドでICT導入への不安を軽減
経営への活用範囲が広がるモバイル
情報活用サポートをアウトソーシング


第2章 情報化のすべてをサポートする「協立情報通信」

JASDAQ上場、創業五十周年の節目を迎えて
創業のきっかけとなった陸上自衛隊での「通信」との出合い
情報通信サービス事業を本格化
各種ソリューションを融合させたサービスを提供
単なる「組み合わせ」ではない「新結合」という考え方
顧客の情報活用を継続的にトータルサポート
モバイルソリューションからも情報化を促進
企業の情報化を進める人材育成の場「情報創造コミュニティー」
運用保守サービス契約へのこだわり
パートナーとの関係を重視した共同展開のソリューション


第3章 経営情報ソリューションで顧客の企業価値創造に貢献 ――協立情報通信のソリューション事業――

会計・活動・外部の三つに分類した「経営情報」がベースに
企業の経営基盤を強化する会計情報ソリューション
カスタマイズの領域を広げるクラウドソリューション
お客さまのベストを追求する情報通信システムソリューション
部門間の垣根を越えた連携が不可欠
情報ツールは所有から利用の時代へ
メンテナンスから新たなソリューション提案へ
オーダーメイドの「オフィス情報9サービス」


第4章 情報活用能力の育成をサポート

情報化とは創造型社員を育成すること
情報活用サポートの必要性にいち早く着目
教育の場としての「情報創造コミュニティー」
パートナーとのコラボで運営する五つのスクール
情報活用能力の向上を継続的にサポート
十分なサービスを提供するために


第5章 協立情報通信の強さはどこからくるのか

「知」と「情報」の新結合を掲げた経営理念
「知」に込めた社是への思い
「知」に目覚め、自ら率先して“学び”を実践
信義誠実を以てパートナーとの信頼関係を構築
情報活用能力育成のベースとなる「SKPDCA論」
経営に関する情報を「会計」「活動」「外部」の三つに分類して活用
情報の利活用の実践は社内スタッフから
学び、工夫して、常に進歩を求める姿勢


第6章 協立情報通信と情報化社会のこれから

パートナーとの連携をいっそう強化
情報にかかわるすべてに果敢に挑戦
プラクティカルからPVCの領域へと進化
組織力で提案型のビジネスをより深化させる
情報化社会は信頼社会でもある
新入社員に望むのは「大志」を持つこと
ビジネスモデルを次世代に引き継ぐ


導入事例集

導入事例①
導入事例②
導入事例③
導入事例④

IN通信社の本 セミオフィシャルサイトへ行く



TSUTAYAで検索
 


その他のカテゴリー

**たかのゆり | **山野正義 | **松村博史 | **鶴蒔靖夫 | *人材ビジネス・アウトソーシング | *冠婚葬祭・保険 | *医療・医薬・健康 | *建築・建設・不動産 | *情報・通信 | *投資・金融 | *教育・学校・塾 | *流通・サービス | *環境・電力 | *社会 | *福祉・介護・高齢者 | *美容・理容 | *製造・メーカー | 21世紀は「音楽と福祉」の時代 | 24歳で起業した社長“快進撃の裏側” | WASHハウスの挑戦 | “匠”のアウトソーシング | “本気”になったら「大原」 | “真の医薬分業”へのあくなき挑戦 | 「最優」へのあくなき挑戦 | 「美しさ」が「感動」に変わる瞬間(とき) | いま、ふたたび維新に挑む | お泊りデイサービスは、なぜ必要なのか | お金のない人は知恵を出せ | すべては学生のために | どうする!医療改革 | アビストの挑戦 | エコスタイルの挑戦 | カーシェアリングの時代がやってきた! | クレアスライフの挑戦 | グランヴァンの挑戦 | グローバル・リンクのエネルギー革命 | ハートフル エンジニアリング | ベストケアの挑戦 | ボランティアの時代 | メモリードグループ 100年企業への挑戦 | 不運は神様からのおくりもの | 二松學舍大学の挑戦 | 人と技術をつなぐ企業 | 保育士がたりない! | 信頼が絆を生む不動産投資 | 光触媒の新時代 | 創発経営 | 医学部受験 富士学院の軌跡と奇跡 | 合人社グループの挑戦 | 喜働って、なに? | 国民は150人の命を救えるか! | 土地活用革命 | 地球サイズの人づくり | 夢を叶える予備校 | 大学からの地方創生 | 大学教育再生への挑戦 | 小さな泡が世界の生活を変える | 建設業の未来を支える人づくり | 心で寄り添う“終の住処” | 情報活用で未来を切り開く | 感動のある人生を。 | 感謝な心 | 技術立国 日本の復活 | 日本の医療現場を考察する | 日本の美容を支える力 | 東北の小さな大企業 | 理想の介護を求めて | 目覚めよ、薬剤師たち! | 経営の条件 | 経営道を究める | 自分らしい人生の卒業を望むあなたへ | 薬剤師新時代の到来 | 薬局新時代 薬樹の決断 | 製造業の未来をつくるアウトソーシング | 記録メディアに人生をかけた男 | 逆境こそわが人生 | 進化するコインパーキング

カテゴリー

無料ブログはココログ