コーア商事グループの挑戦

2019/03/11

『コーア商事グループの挑戦』 前書きと目次

452_koashoji


コーア商事グループの挑戦
~ジェネリック医薬品メーカーのベストパートナー~


著者:鶴蒔靖夫
定価:本体1800円+税
ISBN978-4-87218-452-5
初版発行:2019年3月10日




はじめに

日本の少子高齢化が止まらない。2017年の日本人の平均寿命は、女性が87.26歳、男性が81.09歳(厚生労働省「平成29年簡易生命表」)と、いずれも過去最高を記録している。総人口における65歳以上の高齢者の数も増加の一途をたどり、2018年9月15日現在の推計では3557万人と、総人口のおよそ28.1%を占めている(総務省統計局「統計からみた我が国の高齢者 ―『敬老の日』にちなんで―」)。このまま高齢化が進めば、2065年には国民の38.4%が65歳以上になると推計されている(内閣府「平成30年版高齢社会白書」)

急激に進む高齢化とともに深刻さの度合いを増しているのが、国民医療費の増加である。子どもや若者、働き盛りの現役世代に比べて高齢者は、病院に行く機会が増え、薬も多く処方される。「平成28年度 国民医療費の概況」(厚生労働省)によると、65歳未満の1人あたりの年間医療費は平均して18万3900円、そのうちの45歳~64歳は27万9800円だが、65歳以上では72万7300円に跳ね上がり、75歳以上に限れば年間で90万9600円もかかっている。

つまり、高齢者が増えれば増えるほど、国民医療費が増加することになる。その勢いはすさまじく、このまま手をこまぬいていては、日本が世界に誇る国民皆保険制度の破綻を招きかねない。それを防ぐためには、予防医療を推進して可能なかぎり「健康寿命」を延ばし、高齢になっても病院の世話にならずにすむようにして、医療費を抑制するしかない。

そこで国は、さまざまな医療費抑制政策に取り組み始めた。中長期の対策としては、生活習慣病予防の徹底や平均在院日数の短縮を基本的な考え方としている。具体的には、健康診断や保健指導の実施を事業所に義務づける、医療機能の分化や連携および在宅療養を推進する、療養病床の転換を支援するなどとしている。なかでも、医療費抑制の切り札とも称されているジェネリック医薬品の普及拡大には大きく力を入れている。

日本ではこれまで、欧米に比べてジェネリック医薬品の普及が遅れていたが、近年になってその使用率は急激に上昇し、2018年度第2四半期(7月~9月)には73.2%にまでなった(日本ジェネリック製薬協会「平成30年度第2四半期のGE医薬品の数量シェア分析結果」)。国は2020年9月までに使用率80%超えを目標に掲げているが、この数字を達成するのは間違いなさそうだ。ただし、ジェネリック医薬品市場は、使用率80%を超えるまでは順調に拡大するものの、その後の伸びが鈍化することは確実とされているため、最近では業界再編の動きも見えてきつつある。

こうしたジェネリック医薬品業界において、ひときわ異彩を放ち、大きく躍進を続けているのが、本書で紹介するコーア商事ホールディングス株式会社(以下、コーア商事HD。本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:首藤利幸氏)を中心とするコーア商事HDグループである。グループの傘下には、ジェネリック医薬品の原薬輸入商社であるコーア商事株式会社、注射剤を主とする医療用医薬品の製造販売を行うコーアイセイ株式会社、医薬品包装事業を行うコーアバイオテックベイ株式会社、OTC薬(一般用医薬品)の製造販売を行うコーア製薬株式会社がある。

コーア商事HDの創業者である首藤利幸氏は「企業グループとして、ジェネリック医薬品のベストパートナーをめざしてきた」と語り、自社の強みは「商社機能とメーカー機能を併せ持つ独自性にある」と強調する。

コーア商事HDグループのなかでも事業の中核を担っているのが、原薬輸入において国内トップを走り続けるコーア商事だ。同社はヨーロッパ、中国、インドを中心に約20カ国・約100社と取引関係を持ち、コーア商事HDグループ全体の収益の8割弱を占めている。

コーア商事では、高品質のジェネリック医薬品原薬を安定的かつ、より低価格で国内のジェネリック医薬品製造販売業者に提供するために、関東と関西のそれぞれに自社倉庫と「医薬分析センター」を設置し、さらに海外サプライヤーと連携した開発拠点となる「SIセンター」も立ち上げて、品質検査はもとより、ジェネリック医薬品原薬の品質改善実験も手がけている。

首藤氏は、明治薬科大学を卒業後、日本モンテジソン、日本ザンボンを経て、1991年に44歳でコーア商事を設立した。その後、事業のフィールドを広げていくなかでグループ会社を統括するコーア商事HDを設立し、2018年6月には東証二部上場を果たした。

首藤氏が仕掛ける新たな成長戦略としていま最も力を入れているのが、コーアイセイが行っている、注射剤を主とした医薬品の製造販売と受託製造事業だ。コーアイセイは、1956年に山形県医師会の要望により誕生した、注射剤を中心とした製薬メーカーで、2011年にコーア商事の傘下に入った。

「この事業は大きく伸びる余地がある」と確信する首藤氏は、注射剤のなかでも特に高度な技術が要求される高薬理活性注射剤の製造を目的に、山形市蔵王産業団地にコーアイセイ蔵王工場を建設。同工場では、今後いっそうの需要増が見込まれる抗がん剤や、透析、リウマチといった領域の治療に用いられる注射剤のジェネリック医薬品の開発提案型受託製造を推進していくという。

また、事業拡大のためには各方面で優秀かつ専門的な人材が不可欠になるとの考えから、首藤氏は人材育成にも注力している。

「猛烈なスピードで変化していく世の中に迅速に対応し、必要とされるものを必要とされるときにタイミングよく提供できるように、柔軟に変化を続けていきたい」
と、首藤氏は語る。

本書は、「ジェネリック医薬品のベストパートナー」としての役割を果たすために革新的な取り組みを続けるコーア商事HDグループの事業活動を紹介するとともに、創業者である首藤利幸氏の今日までの歩みをたどりつつ、その経営理念や人生哲学に迫るものである。これは、医療・医薬品業界に関わる人のみならず、現代社会に生きるすべての一般読者にとっても、貴重な指針の書となるだろう。

なお、本文中の敬称は略させていただいたことを、あらかじめお断りしておく。


2019年2月  鶴蒔靖夫




はじめに


第1章 超高齢化に悲鳴をあげる日本の医療

超高齢社会に突入した日本
長寿化を支えた国民皆保険制度
間近に迫っている「2025年問題」
医療費の膨張を助長する「過剰医療」
医薬分業の推進で医療費抑制を図る
地方包括ケア体制で在宅医療の実現をめざす
薬価引き下げで薬剤費削減を狙う日本政府
ジェネリック医薬品は医療費抑制の切り札となるか


第2章 ジェネリック医薬品業界の現状

新薬と同じ効能が保証されているジェネリック医薬品
ジェネリック医薬品が新薬よりも安い理由
抵抗感の少ないオーソライズド・ジェネリックの登場
拡大するジェネリック医薬品市場の今後
薬価引き下げに揺さぶられる医薬品業界
競争激化で経営が逼迫する中小メーカー
より大きな市場を求めて進む海外展開
淘汰・再編の動きが加速するジェネリック医薬品業界


第3章 ジェネリック医薬品のベストパートナー

低価格化に翻弄される業界の支え手に
商社機能とメーカー機能を併せ持つ強み
事業の柱はジェネリック医薬品原薬の輸入
低価格化に対応するために中国との取引を強化
海外との関係強化のためにコーア商事の社長に復帰
創業当初から設置されている「医薬分析センター」
自社倉庫を東西に設置し災害リスクを分散
海外サプライヤーと連携した「SIセンター」を設置
ジェネリック医薬品メーカーの負担を軽減する特許調査


第4章 第2の事業の柱である医薬品製造事業

伸びしろの大きいジェネリック注射剤分野に特化
さまざまな種類がある注射剤
高薬理活性領域の注射剤が輸入に向かない理由
ケミカルカテゴリー5の新工場建設で安心・安全を徹底
抗がん剤など高薬理活性製剤に注力するシンボル工場
抗がん剤廃棄を減らす小規格包装に期待
60年以上にわたって培ったコーアイセイのノウハウ
医薬品の包装を受託するコーアバイオテックベイ
ビタミン剤を中心としたOTC薬を製造販売するコーア製薬


第5章 創業社長・首藤利幸の経営理念と人生哲学

医学部進学を断念し、薬科大学を卒業
カナダで語学力を磨き、帰国後は日本モンテジソンへ
興亜製薬の軒を借りるかたちで起業
資金繰りに苦労しながらも重ねた実績
グループのシナジー効果でさらなる発展を図る
企業を存続させるために欠かせないイノベーション
「ニュービジネスモデル・イノベーション」を推進
東証二部上場を果たし、新たなるステージへ
社会に必要とされる企業であり続けるために


第6章 コーア商事HDグループが描く未来

超高齢社会ゆえに期待されるコーア商事HDグループ
原薬事業のさらなる進化と拡大に向けて低価格化を実現
長期収載品やオーソライズド・ジェネリックへの原薬提供にも注力
人口減で変わる医療のカタチ
グループの未来を担う若い世代に望むこと
伝承したいプロフェッショナルたちの高度な技術
いずれは蔵王に第2工場、第3工場を
2050年を見すえて布石を打つ
コーア商事HDグループの未来像


IN通信社の本 セミオフィシャルサイトへ行く




その他のカテゴリー

**たかのゆり **山野正義 **松村博史 **鶴蒔靖夫 *人材ビジネス・アウトソーシング *冠婚葬祭・保険 *医療・医薬・健康 *建築・建設・不動産 *情報・通信 *投資・金融 *教育・学校・塾 *流通・サービス *環境・電力 *社会 *福祉・介護・高齢者 *美容・理容 *製造・メーカー 21世紀は「音楽と福祉」の時代 24歳で起業した社長“快進撃の裏側” WASHハウスの挑戦 “匠”のアウトソーシング “本気”になったら「大原」 “真の医薬分業”へのあくなき挑戦 「再エネ農業」で所得倍増! 「最優」へのあくなき挑戦 「美しさ」が「感動」に変わる瞬間(とき) いま、なぜ専門家集団薬局なのか いま、ふたたび維新に挑む お泊りデイサービスは、なぜ必要なのか お金のない人は知恵を出せ すべては学生のために どうする!医療改革 アビストの挑戦 エコスタイルの挑戦 オフィス環境革命 オーイズミグループの挑戦 カーシェアリングの時代がやってきた! クルマを「きれい」にする美学【KeePer】 クレアスライフの挑戦 グランヴァンの挑戦 グリーン・パワー グローバル・リンクのエネルギー革命 コーア商事グループの挑戦 ハートフル エンジニアリング バス旅女子が選ぶ 日本でいちばんバス会社らしくないバス会社 ベストケアの挑戦 ボランティアの時代 メモリードグループ 100年企業への挑戦 不運は神様からのおくりもの 二松學舍大学の挑戦 人と技術をつなぐ企業 人生100歳時代 不動産投資のフロンティア 保育士がたりない! 信頼が絆を生む不動産投資 光触媒の新時代 初めて家を持つ人を応援する 創発経営 医学部受験 富士学院の軌跡と奇跡 合人社グループの挑戦 合格にいちばん近い予備校 東京アカデミー 喜働って、なに? 国民は150人の命を救えるか! 土地を活かす知恵 人を活かす情熱 土地活用革命 地球サイズの人づくり 夢を叶える予備校 大学からの地方創生 大学教育再生への挑戦 学歴がなくても、年収6億円を稼ぐ男の人生 専門医が集まる大型クリニック 小さな泡が世界の生活を変える 建設業の未来を支える人づくり 心で寄り添う“終の住処” 情報活用で未来を切り開く 感動のある人生を。 感謝な心 技術立国 日本の復活 日本の医療現場を考察する 日本の美容を支える力 明日の農業に挑戦 書籍・雑誌 東北の小さな大企業 毎日が産直!「わくわく広場」が変える食の風景 洋館家グループの挑戦 理想の介護を求めて 目覚めよ、薬剤師たち! 知恵ある経営者は「しくみ」で儲ける 経営の条件 経営道を究める 自分らしい人生の卒業を望むあなたへ 菓子と笑顔を機械でつなぐ 菓子づくりのオンリーワン企業 薬剤師新時代の到来 薬局新時代 薬樹の決断 製造業の未来をつくるアウトソーシング 記録メディアに人生をかけた男 逆境こそわが人生 進化するコインパーキング LED革命

カテゴリー

無料ブログはココログ