« 『創造と革新』 前書きと目次 | トップページ | 女子教育に対する地域の思いによって生まれた学校 »

2020/07/30

『林先生の初耳学!』連動CMで話題になった「ミラブル」の会社

『林先生の初耳学!』(MBS/TBS系)というテレビ番組をご存じでしょうか。
著名人や一般の人などから募集した、世間ではあまり知られていない情報や話題についての問題を、人気予備校講師の林修さんに出題し、林修さんがその情報や話題のことを知っているかを回答してもらうという番組です。
Wikipediaによりますと、「教養バラエティ番組」というジャンルになるらしいです。


林先生の初耳学! | MBS
https://www.mbs.jp/mimi/


さまざまな情報番組やバラエティ番組でも活躍する林修さんは、ジャンルを問わず、いろいろなことを本当によくご存じで、テレビで見ていて、いつも感心してしまいます。


ところで、その『林先生の初耳学!』で放送された、「ミラブル」という製品シリーズの番組連動CMは、ご覧になりましたか?


モデルさんの頬に油性マジックで書かれた太い黒線が、シャワーのお湯をかけてから手でこするだけできれいに消えてしまう「ミラブルプラス」。


グラスにこびりついた「2日前のトマトジュースの汚れ」が、キッチンの蛇口についたシャワーから出てくる水でゆすぐだけできれいに落ちてしまう「ミラブルキッチン」。


「ファインバブル技術」を使ったこれらの製品のことを林修さんは知っているかを出題するという、番組の構成に合わせた連動CMを初めて見たときは、最初はCMだと気づきませんでした。それくらい、よくできたCMでした。
そのためか、このCMが放送されると、ウェブ上などでも「ミラブル」製品のことがけっこう話題になったようです。

この「ミラブル」シリーズをつくっているのは、株式会社サイエンスという会社です。


株式会社サイエンス
https://i-feel-science.com/


株式会社サイエンスは「水」に関わる住宅用製品のエキスパートで、特に「ファインバブル技術」を活用した一般向け製品の開発では日本のトップを走る企業です。

極めて小さな「泡」を発生させ、その「泡」がもつ力でさまざまなものを洗浄するという「ファインバブル技術」は、実は日本で生まれた最先端技術です。
そしてサイエンスの「ミラブル」シリーズは、その技術をどこまでも追究し他製品です。
直径が1マイクロメートルよりも小さい「ウルトラファインバブル」と呼ばれる極小の泡を発生させることで、「水と空気」の力で皮膚や食器などについた汚れを落とします。極めて小さな泡が、皮膚や食器などと汚れとの隙間に入りこみ、汚れを引き剥がすのです。
しかも「ウルトラファインバブル」は油分との相性も良く、油に吸着して持ち上げます。そのため、油性の汚れや油汚れを落とすことにも役立つそうです。


まさに「夢の技術」とも言えそうな「ファインバブル技術」を活用した製品を次々と開発する株式会社サイエンスが、なぜ「水」や「ファインバブル」に着目したのか。

『林先生の初耳学!』連動CMで話題になった「ミラブル」シリーズはいかにして生まれたのか。

そもそも「ファインバブル」とはなんなのか。

そうしたことに興味・関心をもたれた方におすすめしたいのが、この本。


463_finebubbleweb

ファインバブルが地球の未来を救う
~サイエンスのSDGs宣言~

著者:鶴蒔靖夫
定価:本体1800円+税
ISBN978-4-87218-463-1
(前書きと目次が ここ で読めます)


ぜひ、お読みになってみてください。



このエントリーをはてなブックマークに追加

« 『創造と革新』 前書きと目次 | トップページ | 女子教育に対する地域の思いによって生まれた学校 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

ファインバブルが地球の未来を救う」カテゴリの記事

カテゴリー

無料ブログはココログ