« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020/08/06

「豆乳の豚汁」で免疫力を高めよう

新型コロナウイルス感染症への対策には、手をしっかり洗うことが有効だと言われていますね。

大切なのは、頻繁に手を洗うこと。
洗った直後の手はきれいでも、どこでまた、汚れが手についてしまうかわかりません。
だから、何度も手を洗うことが大事です。

ただ、頻繁に洗うことが重要とはわかっていても、石鹸などを使って何度も完璧に洗うのは少し面倒に感じるし、石鹸で手が荒れてしまうこともあるかもしれません。
そういうときは、石鹸を使わずに水だけで洗うのでもよいそうです。


京都大学でウイルスを研究している宮沢孝幸准教授によると、たとえばノロウイルスは超微量でも感染するけれど、新型コロナウイルスは超微量では感染しないそうです。

ですから、石鹸をつけてごしごし洗わなくても、手についているウイルスの量を、「感染しない量」まで減らせば大丈夫。このことを宮沢准教授は「コロナ1/100作戦」と呼んでいます。

必要なのは、完璧に洗うことよりも、水洗い15秒でいいので、こまめに手を洗うこと。

そして、顔に触る前には必ず手を洗うか、手が洗えないときは濡れタオルやウェットティッシュなどで手を拭くようにするとよいと、宮沢准教授は言います。

「コロナ1/100作戦」にはこのほかにも、日常生活でできる感染予防のためのポイントが、簡潔にまとめられています。参考になさってください。


「コロナ1/100作戦」
https://creamrobo.com/20200612a/


さて、感染症の予防では、手洗いやマスクなどでウイルスとの接触を物理的に防ぐことも重要ですが、それだけでなく、人の身体がもともともっている、多少のウイルスが体内に侵入しても発病しないようにする力=免疫力を維持することも大事です。

免疫力を維持するには、適度な運動をする、充分な睡眠をとる、ストレスをためないなど、いくつかのポイントがあります。
そうしたポイントのひとつが、食事です。
良質なタンパク質やビタミン、ミネラルなどが摂取できる食事をふだんから心がけることが、免疫力の維持につながります。


では、免疫力の維持に役立つ料理には、どんなものがあるのでしょうか。
たとえば「豆乳の豚汁」は、身体によさそうだし、なによりおいしそうです。

首都圏を中心に保険薬局を展開する株式会社フォーラルのFacebookInstagramに、「豆乳の豚汁」のレシピが紹介されています。
抗酸化作用の高いにんじん、発酵食品の味噌、身体を温める生姜など、免疫力を維持するためによいとされる食材を使った、感染症対策にピッタリの一品とのことです。


フォーラルのFacebookInstagramから、レシピをご紹介します。


免疫力維持で感染症対策


★材料(2人分)
里芋・・・1個
大根・・・2cm
にんじん・・・1/6本
豚肉こま切れ・・・40g
だし汁・・・1カップ
豆乳・・・1/2カップ
味噌・・・大さじ1
生姜のしぼり汁・・・適量
ねぎ・七味唐辛子・・・お好みで

★作り方
(1)里芋、大根、にんじんは、それぞれ皮を剥き、5mm程度のいちょう切りにする。
(2)鍋でだし汁を火にかけ、里芋・大根・にんじんを入れる。
(3)具がやわらかくなったら豚肉を加え、あくを取りながら、さらに煮る。
(4)豆乳を加え、味噌をときながら入れる。
(5)火を止める直前に生姜のしぼり汁を入れる。
(6)お好みでねぎや七味唐辛子を散らして出来上がり。


もう、レシピを見ているだけでもおいしそうですよね。


ところで、フォーラルは薬局を展開している会社です。
薬局といえば、病院でもらった処方箋を持っていくと、そこに書かれた医薬品を渡してくれるところ、というイメージがあります。
その薬局がなぜ、料理のレシピ?
なんだか少し、不思議です。

ところがフォーラルの場合、それがちっとも不思議ではないのです。
というのも、フォーラルが展開する薬局は、ちょっと変わった特徴をもっているからです。


薬局のスタッフは通常、薬剤師と医療事務担当者で構成されています。
しかしフォーラルの薬局は、薬剤師と管理栄養士で構成されているのです(医療事務は管理栄養士が兼務するそうです)

管理栄養士は、食事や栄養の専門家です。
薬の専門家である薬剤師と、食事や栄養の専門家である管理栄養士が連携して、地域における健康維持・増進や予防医療の拠点となる薬局。
それが、フォーラルが展開する薬局なんです。

薬局に管理栄養士がいるのだから、健康の維持に役立つ料理のレシピを提案するのも不思議ではありませんね。
実際、フォーラルでは「豆乳の豚汁」のほかにも、さまざまなレシピを提案しています。

オフィシャルサイトには「おすすめレシピ」のページがあり、「離乳食レシピ」「離乳食レシピ」「疾患別レシピ」とジャンル分けされて、さまざまな料理のレシピが掲載されています。


フォーラルの取り組み「おすすめレシピ」
http://forall.jp/approach/recipe.html


さらには、さまざまな料理のレシピを掲載する大手ウェブサービス「クックパッド」にも積極的にレシピを投稿し、食を通じて多くの人の健康維持・増進に貢献しようとしています。


フォーラル管理栄養士のキッチン 【クックパッド】
https://cookpad.com/kitchen/33439159


ただ薬の調剤をするだけでなく、食事や栄養、運動などの情報も積極的に提供するフォーラルは、スタッフが薬剤師と管理栄養士という国家資格の有資格者で構成された「専門家集団薬局」という新しいスタイルで、「地域の人々が応援したくなる人と薬局」をコンセプトに、薬局の新しい価値を創造しようとしています。

そんなフォーラルに興味・関心をもたれた方におすすめしたいのが、この本。


451_imanaze

いま、なぜ専門家集団薬局なのか
~薬局の新しい価値をつくるフォーラルの挑戦~

著者:鶴蒔靖夫
定価:本体1800円+税
ISBN978-4-87218-451-8
(前書きと目次が ここ で読めます)


ぜひ、お読みになってみてください。



このエントリーをはてなブックマークに追加

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

カテゴリー

無料ブログはココログ