« “非エンジニア”のミドルマネジメント向け、「DX時代のロジカルコミュニケーション」講座をiUが開講 | トップページ | 群馬県で初となる女性の県教育長を起用 »

2021/03/18

ITを切り口にしたまちづくり事業に日本電子専門学校が協力


Zentsuji


弘法大師・空海の誕生の地であり、京都の東寺、和歌山の高野山とならぶ弘法大師三大霊跡のひとつとして古くから篤い信仰を集める善通寺。

その門前町である香川県善通寺市では、市内外の多様な人たちが「IT」を切り口に「対話」を通じて地域の課題に取り組む「IT CAMP 善通寺」という事業を、2018年度(2018年度は「IT SUMMER CAMP 善通寺」)から行っています。

善通寺市ではこれを「共創まちづくり」事業と位置づけています。いわゆる地方創生事業のひとつですが、切り口が「IT」であることと、地元の自治体や産業界だけでなく県内外の学生や社会人も巻き込んで行われているところが、なかなかおもしろいように感じます。

2020年度の「IT CAMP 善通寺 2020」は、今年の3月15日(月)から 4月16日(金)まで、善通寺市役所の1階ロビー(正面玄関~市民課前)で行われています。市役所の壁面に善通寺市の風景を投影したり、デジタルサイネージ上の桜に投稿したメッセージが表示されたりなどするそうです。詳細は、善通寺市や善通寺市観光協会のウェブサイトでご確認ください。


IT CAMP 2020 善通寺 ロゴ


「IT CAMP善通寺2020~さくらさく・ぜんつうじ~」を開催します。(善通寺市)
https://www.city.zentsuji.kagawa.jp/soshiki/3/itcamp.html

「ITを通じて地域の課題解決に取り組むイベント「IT CAMP善通寺2020」が開催されます。」(善通寺市観光協会オフィシャルサイト)
https://www.kukainavi.com/news/entry-183.html




先ほども書いたように、この「IT CAMP 善通寺」には、地元の自治体などだけでなく、県外の学生も参加しています。そして、初回である「IT SUMMER CAMP 善通寺 2018」から県外の学生として協力し続けているのが、日本電子専門学校の学生たちです。

2018年度と2019年度の「IT CAMP 善通寺」では、アイデアソン形式のワークショップが開催されました。学生、IT企業の若手社員、市の職員などが、ITを活用したまちづくりのアイデアをグループごとに提案し、優秀な提案は表彰されました。また、提案されたアイデアは、市が実施するIT活用事業や観光宣伝事業に反映されてきたそうです。

その2019年度のワークショップでは、日本電子専門学校のWebデザイン科の学生がプレゼンテーションした企画案が、最優秀賞を獲得しました。2018年度と2019年度の参加の様子が、日本電子専門学校のウェブサイトに掲載されています。


「IT SUMMER CAMP 善通寺2018」プロジェクトに参加した学生にインタビューをしました!(日本電子専門学校 Webデザイン科 Hot Page)
https://aw-hotpage.jec.ac.jp/posts/364

Webデザイン科『産官学連携』で善通寺まちづくり提案(日本電子専門学校 カレッジニュース)
https://www.jec.ac.jp/collegenews/78/


2020年度の「IT CAMP 善通寺」は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、対面型のワークショップではなく来庁者参加型のイベントとなっていますが、2021年度にはまたワークショップ形式に戻るかもしれません。

東京で学びながら、「IT」の実践的な知識と技能を武器に遠く離れた香川県の地方創生事業に貢献する、日本電子専門学校の学生たち。産業界と密接に連携をとり、常に時代を先取りした職業教育を展開し、社会に必要とされるたくさんの技術系人材を輩出してきた、歴史と伝統と実績のある専門学校で学ぶ学生ならではと言えそうです。



日本電子専門学校は、戦後の日本の工業分野に数多くの専門技術者を輩出してきた。卒業生の数は延べ11万人にのぼる。戦後の復興と経済成長の原動力となった日本の技術力を、彼らが長年にわたって支えたことは確かだ。

電子学園及び日本電子専門学校は、「日本の高度経済成長とともに歩んできた」と言っても過言ではない。その自信が、

「社会や時代のニーズをとらえた先進的な職業教育を、いち早く取り入れてきました」

という多(おおの)の言葉にも表れている。

(『学校法人電子学園の新たなる挑戦』
 第4章 「挑戦する教育」で時代を先取りする電子学園 より)


こうした歴史と伝統と実績のある日本電子専門学校を運営する学校法人電子学園の、常に時代を先取りした職業教育を展開してきたこれまでの歩みや取り組み、職業教育にかける意欲、教育理念などに興味や関心をおもちになったら、『学校法人電子学園の新たなる挑戦』を読んでみてください。


466_denshigaluenweb_20210216111601


学校法人電子学園の新たなる挑戦
~実践的な職業教育体系で専門職人材を育成~
https://sites.google.com/view/intsushinsha/education#h.p_ID_38

第1章 次世代の職業人材を育成する専門職大学が始動
第2章 産業の未来を切り拓くイノベーション人材を育成
第3章 起業にチャレンジする「イノベーションプロジェクト」
第4章 「挑戦する教育」で時代を先取りする電子学園
第5章 電子学園が描く職業教育の未来図

前書きと詳細な目次がこちらのページでご覧いただけます。



« “非エンジニア”のミドルマネジメント向け、「DX時代のロジカルコミュニケーション」講座をiUが開講 | トップページ | 群馬県で初となる女性の県教育長を起用 »

か:学校法人電子学園の新たなる挑戦」カテゴリの記事

カテゴリー

無料ブログはココログ