« ブライダルジュエリー市場はコロナ禍においても回復基調 | トップページ | ITを切り口にしたまちづくり事業に日本電子専門学校が協力 »

2021/03/15

“非エンジニア”のミドルマネジメント向け、「DX時代のロジカルコミュニケーション」講座をiUが開講


Dxnew


情報経営イノベーション専門職大学(iU)は、デジタル技術を活用した企業変革(DX)を遂行できるスキルを身につけるためのミドルマネジメント向け講座「iUエグゼクティブスクール」の第2弾として、「DX時代のロジカルコミュニケーション」講座を開講するそうです。

共通言語を形成し、“非エンジニア”と“エンジニア”とのあいだで論理的なコミュニケーションを円滑に行えるようにすることを目的とした全5回の講座で、ウェブ会議ツールの「Zoom」を使って行われます。


《予定される内容》

第1回:ロジカルコミュニケーション基礎Ⅰ
「論理的とはどういう状態か?」「論理的に伝える重要性」

第2回:ロジカルコミュニケーション基礎Ⅱ
「聞き手意識の学習」「相手ありきの話について」

第3回:事前準備Ⅰ
「論点の精査」「伝える内容を考える」

第4回:事前準備Ⅱ
「原稿の書き方」「資料の作成」

第5回:円滑なコミュニケーションに必要な話し方
「間や沈黙の確保」「フィラーの削減」


申し込みの締め切りは4月8日(木)。
また、オンライン事前説明会が3月18日(木)に行われるそうです。
詳細および申し込み方法等は、情報経営専門職大学(iU)のウェブページでご確認ください。


社会人向け「iUエグゼクティブスクール」。第2弾は”非エンジニア“が、DXで通用するコミュニケーションを身に付ける講座(情報経営イノベーション専門職大学)
https://www.i-u.ac.jp/news/detail.php?id=255


情報経営イノベーション専門職大学(iU)を運営する学校法人電子学園は、1951年に創設された「日本ラジオ技術学校」をルーツにもち、以後、戦後の日本の職業教育を牽引してきた、歴史と伝統のある学校法人です。

2020年に新たに開学した情報経営イノベーション専門職大学(iU)では、ICT(情報通信技術)とビジネスに関する理論と実践力、国際的なコミュニケーション能力、これらを組み合わせた応用力を身につけ、ICTを存分に活用してビジネスにイノベーションを起こす、高度な専門職人材を育成することを目的にしています。

電子学園理事長の多忠貴(おおの ただたか)さんは、次のように語ります。



「技術革新で産業構造が変化しグローバルな競争が激しさを増しているときに、特定の分野の技術や知識の習得のみを目的に掲げた実務教育だけでは、高度化、多様化、複雑化していく企業が求めるニーズに対応することは難しいでしょう。専門知識と高いレベルの技能を持つ実践的な職業人材に加え、今後、産業界から求められるのは、起業家精神(アントレプレナーシップ)を持ち、テクノロジーを手段として社会にイノベーションを起こしながら将来を見据えて成長し続けていける、高度な専門職人材です」

(『学校法人電子学園の新たなる挑戦』 第1章 次世代の職業人材を育成する専門職大学が始動 より)


こうした目的を実現するための情報経営イノベーション専門職大学(iU)の取り組みや、産業界と密接に連携をとり、常に時代を先取りした職業教育を展開してきた電子学園の職業教育にかける意欲や教育理念などに関心がある方は、『学校法人電子学園の新たなる挑戦』をお読みになってみてください。


466_denshigaluenweb_20210216111601

学校法人電子学園の新たなる挑戦
~実践的な職業教育体系で専門職人材を育成~
https://sites.google.com/view/intsushinsha/education#h.p_ID_38

第1章 次世代の職業人材を育成する専門職大学が始動
第2章 産業の未来を切り拓くイノベーション人材を育成
第3章 起業にチャレンジする「イノベーションプロジェクト」
第4章 「挑戦する教育」で時代を先取りする電子学園
第5章 電子学園が描く職業教育の未来図

前書きと詳細な目次がこちらのページでご覧いただけます。



« ブライダルジュエリー市場はコロナ禍においても回復基調 | トップページ | ITを切り口にしたまちづくり事業に日本電子専門学校が協力 »

か:学校法人電子学園の新たなる挑戦」カテゴリの記事

カテゴリー

無料ブログはココログ