« もう「駐車スペースが見つからない」で困らない! キャンピングカー対応の駐車場も予約できる「タイムズのB」 | トップページ | 東海テレビ「ターゲっちゅ」で紹介された「銀座ダイヤモンドシライシ」の、ダイヤモンドにかける想いとは »

2021/04/30

群馬県の医療従事者と飲食店をお弁当で支援! 「結・群馬」プロジェクトがスタート


「結・群馬」プロジェクト


コロナ禍でたいへんな思いをしている群馬県内の医療従事者と飲食業従事者を支援するクラウドファンディング「結・群馬」プロジェクトが、締め切りを前に目標額の300万円を達成し、実現が決まりました。


結・群馬
https://www.yui-gunma.com


このプロジェクトは、クラウドファンディングで集めた資金で群馬県内の飲食店からお弁当を購入し、そのお弁当を群馬県内の医療機関で働く方たちに無料で提供するというものです。


外出自粛などの要請により経営面で打撃を受けている飲食店を、お弁当を購入することで支援し、医療の最前線で闘っている医療従事者を、おいしいお弁当を無料で提供することで励まします。


クラウドファンディングサイトでの支援募集は4月30日(金)午後11時で終了しますが、その後も銀行振込による支援金を募るそうです。また、このプロジェクトに参加する飲食店の募集もしています。詳細は「結・群馬」プロジェクトのウェブサイトをご覧ください。


このプロジェクトの実行委員は、共愛学園前橋国際大学の学生が中心となっています。また、副実行委員長は同大学教授の奥田雄一郎さんが務めています。


共愛学園前橋国際大学は、キリスト教主義にもとづく「共愛=共生」の精神を教育理念とし、約1000人を擁する学生のうちの約90%は県内出身者、卒業生の地元就職率も70%~80%と、地域貢献度が非常に高い大学です。そのような大学の学生たちだからこそ、このようなプロジェクトが実現したとも言えそうです。


共愛学園前橋国際大学を運営する学校法人共愛学園は、大学、高等学校、中学校、小学校、こども園、さらには学童クラブまでをも含む、群馬県初の総合学園です。その前身である前橋英和女学校は、1888年にキリスト教宣教師たちによって設立されました。


その長い歴史のなかで培った「共愛=共生」の精神を現代のニーズにマッチさせ、地域に求められる教育機関のあるべき姿を実現させた共愛学園の、さまざまな取り組みと今日までの歩みや、共愛学園前橋国際大学の教育哲学に関心をお持ちになりましたら、『新たなる大学像を求めて ~共愛学園前橋国際大学はなぜ注目されるのか~』を、お読みになってみてください。


461_aratanaru

新たなる大学像を求めて
~共愛学園前橋国際大学はなぜ注目されるのか~
https://sites.google.com/view/intsushinsha/education#h.kpm69zrglqgl

第1章 大学教育に求められる新たな価値とは
第2章 V字回復を実現させた数々の施策
第3章 グローカル人材を育成する独自のカリキュラム
第4章 地域社会とともに歩む総合学園
第5章 「共愛」の理念とともに歩んだ131年
第6章 日本の明日を担うグローカル人材の育成に向けて

前書きと詳細な目次がこちらのページでご覧いただけます。



« もう「駐車スペースが見つからない」で困らない! キャンピングカー対応の駐車場も予約できる「タイムズのB」 | トップページ | 東海テレビ「ターゲっちゅ」で紹介された「銀座ダイヤモンドシライシ」の、ダイヤモンドにかける想いとは »

あ:新たなる大学像を求めて」カテゴリの記事

カテゴリー

無料ブログはココログ