« 三光ソフラングループ・高橋誠一さんのインタビューが「GMO賃貸DX WEBメディア」に掲載 | トップページ | 『直感を確信に変えて 太陽光にかけた夢と情熱』 前書きと目次 »

2021/05/18

「ビットコイン」のマイニング(採掘)に必要な電力をどこから調達するか。センチュリー・エナジーが出した答えとは


Bitcoin


電気自動車メーカーのテスラ(Tesla, Inc.)は今年の3月に、テスラ車を購入する際の支払い方法として、仮想通貨「ビットコイン」での決済を受け付けると発表しました。この発表を受け、「ビットコイン」の取引価格が上昇しました。ところが5月13日には、先の発表を覆し、「ビットコイン」を使った支払いは認めないという方針を表明。この方針転換により、「ビットコイン」の取引価格は大幅に下落しました。


方針転換の背景には、「ビットコイン」のマイニング(採掘)を行うために、電力を大量に消費することがあるようです。



「ビットコイン」は仮想通貨であるため、その製造に紙やプラスチック、金属などは使いません。その代わり、新規の「ビットコイン」を発行するためには、高性能のコンピュータを使い、膨大な量の計算処理をする必要があります。この新規発行に至る行為は「マイニング(採掘)」と呼ばれています。


このマイニングのためにエネルギー消費量の多い強力なコンピュータが多数使われること、そして、そのための電力が、二酸化炭素排出量が多く環境負荷の高い化石燃料による発電に多く依存していることを、テスラとテスラCEOのイーロン・マスク氏は懸念しているようです。


イーロン・マスクさんは、「仮想通貨は多くの面で良いアイデアであり、有望な未来があると信じているが、環境に大きな犠牲を払うことになってはならない」とコメントしています。








そうした事情を別の視点でとらえ、マイニングと太陽光発電を組み合わせた商品を開発した会社があります。それがセンチュリー・エナジー株式会社です。



そして開発したのが、太陽光発電と仮想通貨のマイニング事業とをコラボレートする「DSM ダイナミックソーラーマイニング」である。

「DSM ダイナミックソーラーマイニング」の最大の特徴は、売電をするためではなく自家消費のための設備であるということだ。常務取締役 事業部本部長の根本淳に、この新商品の肝とも言うべき部分を説明してもらった。

「『DSM ダイナミックソーラーマイニング』は、売電が目的ではなく、仮想通貨の取引の際に必要となるマイニングを行うことを前提につくられたものです。マイニングとは仮想通貨の取引の際に行われる記録の精査や認証作業のことで、これを行うには膨大な電気エネルギーを必要とします。

そこで、発電所でつくった電気を、このマイニング事業に提供します。つまり、太陽光発電とマイニング事業のコラボレーションです。そうすることで電気業ではなく情報通信業にカテゴライズされ、発電設備は『自家消費の設備』とみなされます。自家消費の設備であればグリーン投資減税とほぼ同じ特別償却が適用されるので、設備にかかった費用は全額損金(経費)として計上でき、100%即時償却が可能となります。

加えて、仮想通貨『ビットコイン』の採掘(マイニング)による高利回りが期待できます」

ここで「DSM ダイナミックソーラーマイニング」のメリットを簡単にまとめると、次のようになる。

◎中小企業等経営強化法による即時償却が可能。
◎太陽光発電所を含めたマイニング設備は、稼働初年度に100%即時償却。
◎仮想通貨の採掘により、短期的な利益を形成できる。
◎マイニング事業開始から約5年で設備代の回収ができる。
◎マイニングに必要な電力を太陽光発電で供給することで、膨大な電気代を削減できる。

発電所には、販売区画ごとにマイニングの専用設備が設置され、情報通信事業を24時間、無人体制で行っている。

「マイニングのための機械の寿命は3年~4年です。そのあとは、通常の売電事業に転換することもできますし、お客様のなかには機械を新しくしてマイニング事業を続けたいという方もいらっしゃいます」

『再エネ投資で未来をつくる』(鶴蒔靖夫/IN通信社)
第2章 未来の環境のためのESG投資と太陽光発電 より


マイニングに限らず、現代社会ではありとあらゆることで電力が使われます。その電力をこれまでは、主に化石燃料を使った発電で賄ってきました。その結果として地球温暖化の問題が発生し、その対応策のひとつとして再生可能エネルギーへの期待が高まっています。


「DSM ダイナミックソーラーマイニング」を開発したセンチュリー・エナジーは、太陽光、バイオマス、風力といった再生可能エネルギー事業を総合的に行っています。エネルギーの分散と地産地消を推進し、脱炭素社会の実現に貢献すべく活動を続けるセンチュリー・エナジーとはどんな会社なのか。ご興味がありましたら、ぜひこちらの書籍もお読みになってください。


467_saieneweb

再エネ投資で未来をつくる
~自立・分散型社会の構築をめざすセンチュリー・エナジーの挑戦~
https://sites.google.com/view/intsushinsha/kankyo#h.p_ID_38

第1章 パンデミックからの回復とエネルギー政策
第2章 未来の環境のためのESG投資と太陽光発電
第3章 太陽光発電事業者の社会的責任
第4章 総合再生可能エネルギー事業者として地域を活性化
第5章 創業者・山中正の理念と哲学
第6章 センチュリー・エナジーが描く再生可能エネルギーの未来図

前書きと詳細な目次がこちらのページでご覧いただけます。



« 三光ソフラングループ・高橋誠一さんのインタビューが「GMO賃貸DX WEBメディア」に掲載 | トップページ | 『直感を確信に変えて 太陽光にかけた夢と情熱』 前書きと目次 »

さ:再エネ投資で未来をつくる」カテゴリの記事

カテゴリー

無料ブログはココログ