« 2021年9月 | トップページ

2021年10月

2021/10/26

『働く人のため改革』 前書きと目次

471_hatarakuweb


働く人のため改革
~日本発! 働き手の立場で構築した独自の仕組みを世界へ~


著者:鶴蒔靖夫
定価:本体1800円+税
ISBN978-4-87218-471-6
初版発行:2021年11月1日




はじめに

2020年春頃から急速に感染が広がった新型コロナウイルス感染症は、私たちの生活からたくさんの喜びや楽しみを奪っていった。海外旅行や各種イベントに代表されるレジャー活動、あるいは日常的な外食や宴会などを、人目を気にすることなく自由に謳歌していた頃が、いまでは夢のようである。ちっぽけなウイルスのせいでここまで世界が大きく変わってしまうとは、いったい誰が想像できただろうか。

日々の生活様式だけでなく、企業の活動も深刻な影響を受けた。酒類の提供停止や営業時間の短縮などにより多くの飲食店が苦境に追いやられ、百貨店などの大型店舗の休業により多くのアパレルショップの経営が悪化した。不要不急の外出の自粛が求められたことにより、観光業界や航空業界、鉄道業界などでも業績の悪化が目立つ。

そのため、雇用情勢も悪化の一途をたどっている。厚生労働省の調査によると、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響により業績が悪化した企業から解雇・雇止めとなった労働者の数は、見込みも含めると、2020年5月から2021年8月20日までの累積で11万3655人にのぼることがわかった(厚生労働省「新型コロナウイルス感染症に起因する雇用への影響に関する情報について(8月20日現在集計分)」)。この数字は全国のハローワークなどで把握できたものだけであるため、仕事を失った人の数は、実際にはさらに多いものと見られる。

とりわけ、パートやアルバイトなどの非正規雇用で働いていた人の状況は厳しい。飲食業を中心にアルバイトの場が激減していることに加え、たとえ解雇されなくてもシフトを大幅に減らされるなどもあり、これまでと同じように稼ぐことが難しくなって厳しい生活を強いられるケースも少なくない。

国は以前から働き方改革を推進してきたが、新型コロナウイルス感染症の大規模な流行を経験したことで、多様な働き方がますます求められるようになってきたと言えそうだ。

こうしたなかで「新しい働き方」として注目されているのが、短期・単発の派遣労働や、スキマ時間などを活用して短時間の単発仕事を行う「ギグワーク」と呼ばれる働き方だ。「ギグワーク」とは、英語で「定期的ではない演奏会」「一時的な」といった意味を持つ「gig」と「労働」「働く」という意味の「work」を組み合わせた造語で、欧米ではすでに定着した働き方である。

そうした状況下において、短期・単発の人材派遣に特化した人材ビジネスで急成長を遂げているのが、本書で紹介する株式会社エントリー(本社:東京都新宿区)だ。設立は2014年とまだ歴史は短いが、わずか6年のあいだに売上高100億円を達成するなど、いま最も勢いのある会社のひとつである。社名の「エントリー」は、「EN+TRY=人と仕事の縁むすび(EN)に挑戦(TRY)し続ける」という基本理念に由来する。

北は北海道から南は沖縄まで全国に33の拠点を擁するエントリーは、ECサイト系物流倉庫での軽作業への派遣を中心に、短期に特化した人材派遣事業を行っている。その要となっているのが、同社が運営する「スマジョブ」というサービスだ。

仕事を求める人は、「スマジョブ」のスマートフォンアプリで24時間365日、いつでも派遣スタッフとして登録ができ、働きたい場所や時間を検索することで自分の都合に合わせて仕事を選べる。面談もスマートフォンの画面を通じてオンラインで行える。こうした手軽さや便利さが、働きたい人たちのあいだで好評を博している。派遣スタッフとして登録をしている人の約7割は留学生を含む若者だが、最近では、働き方改革やテレワークで生まれるスキマ時間を活用し、副業として派遣スタッフの登録をする社会人も増えているという。

一方、企業側にとっても、必要な日の必要な時間帯にのみ人材の派遣を依頼できるという利点がある。

エントリーが行う人材派遣事業の最大の強みは、業界初となる、24時間365日の即日給与振込に対応していることだ。代表取締役の寺本潤氏は、「短期で働く派遣スタッフが求めているのは、空いた時間にすぐに働けて、すぐに報酬を手にできる利便性ではないか」と考え、会社を設立すると真っ先に、そのしくみをつくるために銀行との交渉に取り組んだ。その甲斐あって株式会社セブン銀行との提携が叶い、「エントリー24時間即払いサービス」を実現することができたのだ。

この「エントリー24時間即払いサービス」では仕事の完了後2時間以内に派遣スタッフの持つ金融機関の口座に給与全額が振り込まれるため、派遣スタッフは日曜、祝日、年末年始も関係なく、その日のうちに最寄りのATMで現金を引き出すことができる。給与の振込先として登録できるのは、サービスのスタート当初はセブン銀行のみだったが、現在は対象となる金融機関が32行(2021年8月現在)にまで増えている。

エントリーのもうひとつの強みが、「フィールドディレクター」という独自の職種を設けていることだ。大人数のスタッフが派遣される現場に、彼らのサポート役となる同社社員をフィールドディレクターとして配置することで、派遣スタッフの不安が解消されるだけでなく、派遣先企業にとっても派遣スタッフを管理する負担が軽減される。フィールドディレクターがいることで、派遣スタッフと派遣先企業の双方の満足度を高めることができるのだ。

さらに2019年3月からは新サービス「シェアジョブ」の提供を開始し、シェアリングエコノミー(共有経済)によるギグワーク市場にも参入。これは、たとえば通信販売で購入した組み立て式の家具の組み立てや、買い物、犬の散歩、お花見の場所取りなど、なにかのときに少しだけ誰かの手を借りたいという人のニーズと、スキマ時間を活用して短時間だけ働きたいという人のニーズを、マッチングさせるサービスだ。寺本氏は、超高齢化が進む日本では今後、こうしたサービスの需要がますます高まると考えて、業界に先駆けて開発を進めてきた。

エントリーでは、これらのマッチングサービスを、日本国内にとどまらず海外でも展開していく考えだ。すでにベトナムをはじめとする東南アジア諸国への進出が計画されており、将来的にはインドやアフリカなどにも同社がつくったしくみを提供することで、貧富の差が激しい社会に生きる貧しい人たちが労働に対する正当な報酬を得られるようにしていきたいと、寺本氏は語っている。

安定成長を続けているエントリーを支えているのは、熱意あふれる若い社員たちである。平均年齢は28.6歳(2021年8月現在)と、現場で働く派遣スタッフたちとの年齢が近いこともあり、社員と派遣スタッフとのあいだで活発なコミュニケーションが交わされる。そうしたなかから「派遣スタッフである学生やフリーターたちの支援をしたい」という強い気持ちを持つようになる社員が多いことが、会社の成長を後押ししているという。

そんな若い社員たちと社長である寺本氏との距離が近いのも、エントリーという会社が持つ特徴のひとつだろう。「家族主義」を標榜し、「社員は家族」と言いきる寺本氏は、社員一人ひとりを大切に思う気持ちが人一倍強い。だからこそ、同社の企業理念である「人と仕事の縁むすび」を通じて社会貢献することを、すべての社員が誇りに思えるようになってほしいと、寺本氏は願っている。

「社員のみんなには、自分の仕事が世のため人のために貢献していると信じて、一生懸命がんばれるようになってほしいのです。そして、働くからには支店内で一番、社内で一番、世の中で一番をめざしてほしい。向上心こそが人を成長させ、事業を創造するのですから」

と、寺本氏は言う。

本書は、時代のニーズをいち早くつかみ新たなスタイルの人材ビジネスに挑むエントリーの事業活動を紹介するとともに、同社社長・寺本潤氏の経営理念およびビジネス哲学に迫るものである。これは、短期・単発での人手を欲している、あるいは、スキマ時間に自由に働きたいと考える人のみならず、多様な働き方を模索するすべての現代人にとって貴重な指針の書となるだろう。

なお、本文中の敬称は略させていただいたことを、あらかじめお断りしておく。

2021年9月  鶴蒔靖夫




はじめに


第1章 コロナ禍で注目される新しい働き方とは

企業の業績悪化で厳しさを増す雇用環境
新型コロナウイルス感染症の感染拡大で大学生のアルバイトの場が激減
少子高齢化の影響で中長期的には労働力不足に陥る懸念も
週休4日制や副業の環境整備で広がる働き方の選択肢
自分の都合に合わせて働ける短期・単発の人材派遣
人材派遣、アルバイト、ギグワークの違い
スマートフォンの普及で劇的に進化した仕事探し


第2章 「人と仕事の“縁”を結ぶ」ビジネスで急成長
―エントリーの事業概要―

会社設立から6年で100億円の売上を達成
登録も面談もウェブ上で24時間365日行える「スマジョブ」
働いたその日のうちに給与が受け取れるしくみを導入
登録スタッフの約7割が留学生を含む若者たち
スタッフと企業の双方にメリットがあるフィールドディレクター
同業他社がフィールドディレクターを導入できない理由
働く人の視点に立ったサービスを追求


第3章 スキマ時間活用のマッチングサービス「シェアジョブ」

国内最大級の短期・単発求人マッチングサービス
求人から採用、給与支払いまですべてがインターネット上で完結
「シェアジョブ」を使うメリットとは
30分単位で空いた時間にすぐ働ける新しいワークスタイル
第一次産業の人手不足にも「シェアジョブ」の活用を


第4章 人材育成の根幹は徹底した「家族主義」にあり

社員の平均年齢28.6歳
若手社員が成長意欲を持ち続けるための施策の数々
社員一人ひとりの成長が会社の成長に直結する
「社員は家族」への熱い思い
新卒採用の最終選考では自ら面接
採用したからには社員の人生に責任を持つ
チームワークを育む合宿研修と社員旅行へのこだわり
新入社員の実家に家庭訪問
スタッフから社員に登用されたメンバーも多数
エントリーの将来を担う若い力に期待すること


第5章 創業社長・寺本潤の経営理念と人生哲学

高校時代に身についた仕事に対する熱意とハングリー精神
社会に出て働く楽しさと挫折を知る
派遣スタッフとして入った人材派遣業界
人材派遣会社で社長に上り詰めるまで
ベンチャースピリッツを捨てられずに独立
魅力ある従業員を育成するために定めたクレド
理念を共有できる多くの仲間の存在が励みに


第6章 格差社会に生きるすべての人のために
―エントリーが描く近未来図―

大きく変わりゆく人材派遣業界
短期人材派遣の領域を拡大、飲食業や小売業も対象に
「シェアジョブ×農業」が描く未来
青森県から委託を受け「シェアジョブ青森」がスタート
シニア人材サービスやヘルプロボット事業への参入も視野に
東南アジアをはじめとする海外展開計画がすでに進行中
常に5年先を見据えた目標設定で社員の士気を鼓舞
将来的には外国人労働者のための職業訓練校の設立も
IPOはなんのためか
人々の労働様式を変える会社へ


IN通信社の本 セミオフィシャルサイトへ行く




2021/10/05

『「創意と工夫」で世界に挑む』 前書きと目次

469_souiweb


「創意と工夫」で世界に挑む
~グローバルアイケアカンパニー・オフテクスの挑戦~


著者:鶴蒔靖夫
定価:本体1800円+税
ISBN978-4-87218-469-3
初版発行:2021年10月8日




はじめに

いまの社会はテクノロジーが高度に進化しており、新技術の開発から生産活動に至るまで、ありとあらゆることがデジタル化されている。仕事はもちろん、パーソナルな人間関係もリモートによる交流はあたりまえになっているし、新テクノロジーの開発もAIが牽引し、生産現場では3Dなどの最先端技術が主導しつつある。

日本はこの先端的な動き、とりわけデジタル化において先進国に遅れをとっていることを、認めざるをえない。近年、日本経済がパワーダウンしている理由の大きな部分は、デジタル化の遅れにあったと言える。

その遅れをいっきに取り戻そうと、菅義偉内閣はデジタル改革関連6法案(デジタル庁設置法、デジタル社会形成基本法、デジタル社会形成整備法、公金受取口座登録法、預貯金口座管理法、地方自治体情報システム標準化法)を2021年5月に成立させ、同年9月にはデジタル庁を新設する。なにかと動きの遅いこれまでとは打って変わって、驚くほどスピーディな対応だ。このデジタル庁の新設をきっかけに、およそあらゆる社会システムをオンライン化したデジタルガバメントを実現し、その担い手となるデジタル人材の育成にもいっそう注力するという。

だが、デジタル化は一方で、人の身体や暮らしにこれまで以上の負荷をかけることも予想される。特に懸念されるのは「眼」への負担だ。現状でさえ、パソコン、テレビ、スマートフォン、ゲームなどで眼は酷使されている。

人体は実に精巧な構造や機能を持っているが、同時に繊細で、きわめて傷つきやすいものでもある。デジタル技術が進化すればするほど眼への負担も大きくなり、視力障害も起こりやすくなる。実際、視力補正が必要な人は年々増加しており、発症も若年化している。

デジタル社会が進む今後は、これまで以上に眼に対する関心を高め、眼を大切にするライフスタイルを確立し浸透させていくことが、大きな課題になるはずだ。

近代テクノロジーの賜物であるコンタクトレンズは、正しく使用さえすればきわめて便利で有益だが、眼にとってはあくまでも異物であることを絶対に忘れてはならない。その異物を適切にケアし正しく使いこなしていくことが、近未来を生きるわれわれに求められる英知であるとは言えないだろうか。

ところが最近は、コンタクトレンズが不適切に使われるケースが増加の一途をたどっている。その結果、コンタクトレンズの使用が原因と思われる眼のトラブルも増えている。公益財団法人 日本眼科学会でも角膜感染症などのトラブルが頻繁に報告され、レンズケアへの関心を高めることと正しいケアについての指導および教育を強化することの必要性が、しばしば指摘されている。

「こうした流れは、コンタクトレンズケア用品を主力に40年歩んできたわが社がいっそう奮起し、もっと社会に貢献しなさいという、時代からのメッセージなのだと受け止めています」

こう語るのは、株式会社オフテクス 代表取締役社長の米田穣氏だ。

1981年に創業したオフテクスは、コンタクトレンズケア用品を主力に汎用性の高い一般用医薬品なども手がけるアイケア専門メーカーである。2020年度の年商は約45億円、市場シェアは12%で業界6位(2021年7月現在)となっている。

特に評価すべきは伸長率の高さだ。オフテクスはこの10年で売上規模を約2倍に成長させている。

その成長力の源泉は、まだ実現されていない新技術を常に追いかけ、日本初、世界初の製品を次々と開発して市場を切り開いてきた進取の精神と実行力にある。オフテクスの代名詞ともなっている、ポビドンヨードを配合したコンタクトレンズケア用品や、1回使い切りタイプの点眼薬などは、間違いなく世界のアイケア用品の最先端を行くものだ。

コンタクトレンズは、これまでは欧米や日本などの先進国で使われることが多かったが、いまでは中国、台湾、韓国などでも広く一般的に使われるものになっている。さらにシンガポール、ベトナム、中東、北アフリカなどでも使われるようになってきており、市場は今後、世界的に大きく伸びていくことは間違いない。

そのうえCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)のパンデミック(世界的流行)を経験し、衛生に対する世界の人々の意識はこれまで以上に高まってきている。そうなれば眼に直接入れるコンタクトレンズのケアに対する関心も高まっていくに違いなく、コンタクトレンズケア用品の選択眼もいっそう研ぎ澄まされていくことになるだろう。つまり、まさにいま、時代がオフテクスに強い追い風を送っているのだ。

もちろん、いまはどの市場でも苛烈な世界競争が繰り広げられている。コンタクトレンズケア市場もけっして例外ではない。

だがオフテクスは、競争が熾烈になればなるほど優位に立てる強い武器を持っている。オフテクスの主力製品の多くは、日本初、世界初といった絶対的な強みを持つ製品だからだ。

「『創意工夫と挑戦』が、創業者である父・豊秋が貫いたオフテクスの精神でした。父の跡を継いだ私のポリシーは『継続は力なり』です。父が確立した精神を受け継ぎ、ポスト・コロナの世界の動きをいち早くとらえて、いっそうがんばっていこうと決意しています」

こう語る米田氏の言葉には、迷いもぶれもない。

実は、私と米田氏とは10年来のつきあいになる。10年前に出会った当時も、常に独自性のある製品の開発にこだわり続けてきた米田氏の経営姿勢におおいに心を動かされ、その感動を軸に私は1冊の本を上梓させていただいた。

そして今回、ひさしぶりの再会を果たした米田氏は、爽やかで若々しい雰囲気は当時と少しも変わらないままに、この10年間で売上規模を約2倍にまで発展させてきた自信が備わり、新たな時代をリードする経営者へとみごとに成長していた。

本書は、日本初、世界初の製品を次々と開発しコンタクトレンズケア市場をリードし続けてきたオフテクスの成長の軌跡を追いながら、今後さらに大きく躍進しようとしている同社への期待と応援を込めてまとめたものだ。厳しい市場競争のなかで戦い続けている多くの経営者や企業家の方たちにとって、米田氏が進める経営のあり方や、経営者として、さらには、ひとりの人間としての生き方が、ビジネスを力強く発展させていくうえでのひとつの指針になることを切に願っている。

なお、本文中の敬称は略させていただいたことを、あらかじめお断りしておく。


2021年8月  鶴蒔靖夫




はじめに


第1章 近視時代とコンタクトレンズ

2050年、世界の半数の人は近視になる
アジアで特に増加している近視人口
誰もが避けられない老眼
13世紀にイタリアで誕生した眼鏡
眼鏡からコンタクトレンズへの流れ
ダ・ヴィンチが発見したコンタクトレンズの原理
コンタクトレンズは「高度管理医療機器」
正しいレンズケアができていない人が半数近くも
コンタクトレンズユーザーの低年齢化が進む
眼のトラブルにはどのようなものがあるか
オフテクスのミッションが強く求められている


第2章 日本初、世界初にこだわるオフテクス

コンタクトレンズケア用品にはそれぞれに違いがある
ソフトコンタクトレンズケア用品の3つのタイプ
相次ぐ試練を乗り越えて未知の領域に挑む
独自路線に切り替えてユニークな製品を次々と開発
ポビドンヨードとの出合い
世界初のポビドンヨード配合のコンタクトレンズケア用品が完成
さらに高かった厚生労働省認可の壁
市民権を得たポビドンヨード配合のコンタクトレンズケア用品
国民生活センターの調査結果もポビドンヨードを高く評価
独自性の高いコンタクトレンズケア用品が次々に誕生
新製品が完成したその日から次の進化に向けた開発が始まる
機能性ヒアルロン酸を配合した新「クリアデュー」シリーズ
新「クリアデュー」シリーズのラインアップ
1回使い切りという画期的な発想の点眼薬
コンタクトレンズケア用品の開発で培ってきた眼科医療の研究成果


第3章 研究から製造までの自社一貫体制で日本初、世界初を実現

研究開発こそがオフテクスの生命線
社員の10人に1人は研究開発スタッフ
眼科医も高く評価する学術活動
創業以来の研究データは新製品開発の源泉
自社工場生産へのこだわり
兵庫県豊岡市に建つ3000平方メートル超の自社工場
一貫工程で全製品を製造
3つのゾーンで構成される豊岡工場
防腐剤フリーの点眼薬を製造するBFS充填機を3台保有
豊岡市の雇用を支え、地方都市の活性化に貢献する


第4章 「川上、川下戦略」と海外展開でシェア拡大に挑む

眼科医への丁寧な説明でシェアアップをめざす
クオリティの高さこそがオフテクスの誇り
2本社制で市場での存在感を高めていく
店頭からの発信力を高めてシェアアップにつなげる
新シリーズを起爆剤にいっきに攻めに転じる
健闘光る海外市場
社員の成長を促す研修センター「豊穣館」
オフテクスの研修メニュー
社員間の連携により真のワンチームに


第5章 オフテクス40年の歴史

創業者の偉大な構想をいまに伝える「米田豊秋記念ホール」
研究職からセールスエンジニアへ
コンタクトレンズケアとの出合い
世界の巨象に正々堂々と立ち向かう
あえて特許は取得しないと決断
自社工場の完成が発展を加速
父から子へ受け継がれた「創意工夫」の精神
海外市場への進出
米田が社長に就任し、豊秋は会長に
豊秋、突然の逝去


第6章 グローバルアイケアカンパニーをめざす

右肩上がり路線を取り戻すための成長戦略を策定
特殊コンタクトレンズに対するニーズの高まり
時代は機能の高いコンタクトレンズケア用品を求めている
新発想の点眼薬を開発し、医薬品領域も積極的に拡大する
メディカルデバイス事業を本格始動
日本発のグローバルスタンダードを確立し、世界市場で戦っていく
社員それぞれに成長のチャンスを与える企業に
世界の眼科医療に貢献するオフテクス


IN通信社の本 セミオフィシャルサイトへ行く




« 2021年9月 | トップページ

カテゴリー

無料ブログはココログ